加藤美穂はてなブログ

想いのままを綴っていきます♪

オーストラリア旅行*エアーズロックリゾート

早朝、ケアンズから飛行機に乗って
2時間ぐらいかな?
コネラン空港まで移動です!

f:id:smilekatomiho:20161123162921j:image
実は海外の国内線を乗るのは初めてで
何ら変わりはないですが

ふと客観的に見ると、
外国人の中にアジア人がポツリといると思うと
不思議な気分でしたね(;゜∇゜)

きっと周りの方も不思議だったに違いない。
あ、私が外国人か。(笑)
ま、そんなのあとから気にしなくなりましたけどね♪


オーストラリアは州によって
時間が変わります。

ノーザンテリトリー州に移動したので
このときはケアンズから
30分時計を戻して下さいと言われました。

f:id:smilekatomiho:20161123162945j:image

そしてコネラン空港から
エアーズロック・リゾートに向かいました☆

ウルル・カタジュタの観光拠点となる
リゾート施設です。
砂漠地帯にホテルやレストラン、ショッピングセンターがあるのですが
この赤土!!

f:id:smilekatomiho:20161123163951j:image
もう違う世界に
迷い込んだみたい〜(゜ロ゜)

そんでもって、
こちらは40度近くも気温が上がるので

帽子に羽織り物、サングラスに日焼け止め。
もちろんお水も片時も離さずにバッグに入れてます!

なんせ湿気もなく乾燥しまくりなので
お水ないとキツいです。

f:id:smilekatomiho:20161123170850j:image

お昼ご飯食べたり
展望台まで歩いたりしましたが
なんと展望台からは、もうウルルが✨

f:id:smilekatomiho:20161123164213j:image
迫力が凄い!!  

実はホテルのお部屋からも見えたので

f:id:smilekatomiho:20161123164309j:image 
もうウルルを身近に感じて満足しそうでしたが
このあと、そして翌日ももっと近くまで行くので
それを楽しみにしました(ノ´∀`*)


さて私もオーストラリアに行くまで
エアーズロック」と呼んでいたのですが
観光雑誌やツアーガイドさんや現地の方は
「ウルル」と呼びます。

その理由は、エアーズロックは1873年にイギリスの探検家により「発見」されて、
その当時の西オーストラリア提督 
ヘンリー・エアーズの名前より、
エアーズロック」の名前が付けられました。

しかし、オーストラリアの先住民アボリジニの人々の聖地であり、
アボリジニの人々の間では「ウルル」と呼ばれていたことから

1995年「エアーズロック」の呼び方を改め、
アボリジニの人々の呼び方「ウルル」と呼ぶことに決定したそうです。

ツアーガイドさんも
アボリジニの人々の習慣・考え方を尊重していることを
しきりにお話しされていました。

現地に足を運ばないと知らないことは
沢山あるんですね。

さて少しお勉強したところで(笑)

このあとは
世界遺産ウルル・カタジュタ国立公園へと向かいます\(・o・)/
f:id:smilekatomiho:20161123170815j:image